Staff Blogスタッフブログ

一足早いバレンタインとSDGSについて

KOYO 森井でございます。

 

さてさて、いくつになっても、自意識過剰になって

挙動不審気味になる、バレンタインの時期がやって参りました。

子供たち男子三人を見ていると、意識する子もしない子も

意識していないようで、めっちゃ意識している子も

とても微笑ましく、応援したくなります。

 

が、バレンタイン直近で、ポイントを稼いでも、

そういうのは、日頃からの積み重ねじゃない?

という事を言うのは無粋なので、そっと見守っております。

 

 

そういえば、子供たちの学校の宿題で

親子で考える俳句がありまして、

2月の俳句を考える際に、

子供たちから「どんなのが良い?」

と相談されましたので、

 

 

「節分かバレンタインじゃない?」

と答えまして

 

 

「バレンタイン

 

今年もやっぱり

 

ママとババ」

 

とか、どう?と伝えると、全力で却下されました。

 

バレンタインが字余りだからかしら(違

 

 

とかいう、私もお客様からちょっと早めのバレンタインを頂きました。

 

 

めっちゃ嬉しい!とても嬉しい!いくつになっても嬉しい!

とても感謝しております。

ホワイトデー、がんばりますよ!

 

 

という、バレンタインのご報告から

全然違う話ですが、大阪に研修に行って参りました。

 

 

さて、なんの研修かというと、

昨年に閣議決定された

「第五次エネルギー基本計画」や

今年で一番初めの売電契約が終了するに当たり、どのような方向になるのか

今、経済産業省などが進めている、電気自動車と住宅とのつながり

(Vehicle to  Home  -V2H といいます)

Sustainable Development Goals (SDGs) という、

国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された

「持続可能な開発目標」(17のゴール)についてや

それに際して、日本がどのように取り組んでいるのか、

などについて、色々勉強させて頂きました。

 

 

よりよい世界を築く為に、企業や私たちは何を取り組むのか、

そのカラーを明確にして、具体的に取り組む、という事に感動しました。

恥ずかしながら、全然知りませんでした。

私たちのような住宅を通じてエネルギーについて、向き合っている企業だからこそできる、

何かを模索して、取り組んでいかなければなりません。

 

このSDGsだけでなく、電気自動車のチャデモ方式など、日本や世界の未来について

どのように動いているのかを、学んで参りました。

これからの時代を考える、良いインプットをいっぱい頂きました。

 

 

また、森井とお話させて頂く機会がございましたら

勝手にベラベラしゃべりますので、ご興味のある方は、是非お付合い下さいませ。

 

KOYO 森井

 

スタッフブログ一覧に戻る

PageTopPageTop