Staff Blogスタッフブログ

やはり現地に行かないと陽当たりと風通りは分からない話

こんにちは、KOYO 森井でございます。

 

恐縮ではございますが、これまで多くの方の住まいの設計を担当させて頂きました。

その設計のプロセスで、やはり一番気になるのが、

「陽当たり・風通し」

特に、陽当たりに関しては、googleマップでは分からない事が多々ございます。

周りの立地条件がとても重要になってくる訳でございます。

 

ですので、設計に際しまして、必ず現地を見てから考えるようにしております。

 

先日も現地に行ってきました。

 

 

とても良い天気。

陽射しが温かく、冷え性の私にとっては

絶好の現地調査日和でございます。

 

 

 

ちなみにどんな事をしてるかと申しますと

 

 

こんな感じで、現地の陽当たりを確認しております。

この写真の場合は、「冬至の時は、10時までは陽が当たらないんだ」

とか、太陽を追いかけながら、陽当たりを把握しております。

 

 

そのような写真をつなぎ合わせると、最終的には

 

こんな感じになって、太陽のラインが見えてきます。

そこから、窓をどこに設置するのか、とか

LDKをどこに配置するのか、などの条件を設計に織り込んで参ります。

 

 

という事で、どこかで森井を見かけまして、

ケータイ片手に空き地で挙動不審になっておりましたら、

きっと、太陽の位置を追いかけておりますので、

そっとしてあげておいて下さいませ。

 

KOYO 森井

スタッフブログ一覧に戻る

PageTopPageTop