ブログBLOG

No.356【KOYOの新築】各住宅会社の違い【四国中央市・新居浜市・西条市・松山市の新築住宅】

【四国中央市・新居浜市・西条市・松山市で新築マイホーム・ZEH新築住宅をお考えの方、

是非ご覧になってください!】

 

 

 

みなさまこんにちは♪

 

四国中央市・新居浜市・西条市・松山市で新築をご検討のお客様で

新築ハウスメーカーで建てるか、設計事務所で建てるか、工務店で建てるかで

悩まれる方も多いと思います。

 

今日は、それぞれどのような特徴があるのかをお話します。

 

➀新築ハウスメーカー

自社での生産ラインを持ち、全国展開で新築会社をおこなっている会社。

基本新築住宅は、1件ごとに異なる間取りの所を、個別に生じる設計や施工方法を

あらかじめ統一しておくことで、品質と生産効率を高めようとしたのが

ハウスメーカーです。

 

②工務店

日本では古来から木工職人である大工の親方(棟梁)が、設計から左官などの

他の職人を仕切ることで住宅建築に関するすべてを取り仕切ってきました。

この大工の棟梁が発展した形が工務店であるといえます。現在は棟梁が指示を出すので無く、

現場での職人の支持・打ち合わせは、各新築会社の現場管理者がおこなっております。

 

③設計事務所

建築家が所属する法人のことをいいます。
設計事務所とは、一人のメインとなる建築家の個人事務所である場合と、複数の建築家が

共同で運営する組織事務所の場合があります。デザインにこだわりを持って新築を建てたい

という方にはオススメ。図面作成を一からおこなうので、打ち合わせ回数と時間かかります。

金額も高くなる場合もあります。

 

KOYOは工務店になります。地域密着で全国展開もしていないので、

担当の営業マンがすぐに変わる心配もありません。

 

 

 

 

 

 

【四国中央市・新居浜市・西条市・松山市で新築マイホーム・ZEH新築住宅をお考えの方、

どうぞ宜しくお願い致します。】

ブログ一覧に戻る

PageTop